忍者ブログ
Admin*Write*Comment
にわか作りのスポーツ似顔絵新聞
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ichiro7.jpg7年連続200本安打達成おめでとう!
なんかだんだんと見せ場にこだわって来ている感じがするのはあたしだけ?
意外とホームランをねらってたんじゃないのかしらね?
ファンとしてはそういう演出は最高で、またそれが実行できるてぇんだからやっぱイチローはすげえわね。

今年あたりから野球以外でのセンスを各方面に露出しているイチロー選手。
当然リタイアしたときのことを視野に入れてなんでしょうね。
来年以降のマリナーズとの契約にしてもあたかも年金をもらうかのような、引退後数十年分割での支給にしてみたり、テレビ等でも良くしゃべるようになったり。

あとはCDでも出せば完璧よね!

イチロー選手のメジャーでの成績一覧は下記の通りですわ。
(2007年9月3日現在 赤字はその年度でのリーグ一位)

年度 試合 安打 打率 得点
2001 157 242 .350 127 56
2002 157 208 .321 111 31
2003 159 212 .312 111 34
2004 161 262 .372 101 36
2005 162 206 .303 111 33
2006 161 224 .322 110 45
2007 135 201 .353 98 37
PR
matsui5.jpg「最近、よく言われるんですよ」
ん?それ何?って思ったら、松井秀喜選手はこのところメジャーではパックマンと呼ばれているみたいね。
トーリ監督がつけたんじゃなくてコーチか誰かがなんとなく言ったセリフが広まったものと思われますわ。
どうやら打点をどんどん食う食うということらしいわね。

19日の試合では3打点。チームはレッドソックスとは4ゲーム差となりましたわ。
このままで行くとシーズン終りまでには100の大台に乗るかもしれませんわね。
今年のプレーオフはいろんな記録を作ってくれた日本人対決に注目ね!

あ、そうそう、先月のMVPはみごと松井選手がとっちゃいましたわね。おめでとう!
そんなわけで過去に日本人が取った月間MVPをまとめてみましたわ。

年 月 名前 所属 月間成績
199506 野茂英雄 ドジャース 6勝
199609 野茂英雄 ドジャース 3勝1敗
199805 伊良部秀輝 ヤンキース 4勝1敗
199907 伊良部秀輝 ヤンキース 4勝0敗
200408 イチロー マリナーズ 率0.463 4HR 56HT 15打点
200707 松井秀喜 ヤンキース 率0.345 13HR 39HT 28打点

BarryBonds.jpgハンク・アーロンは100%ビーフだった。
でもバリー・ボンズは?

とアメリカのメディアでは言われておりますが、
現代アメリカンメジャーリーグの選手のほとんどが過去から現在のどこかで筋肉増強剤を使っているならば、(現在、学生の間でもそれは一般的と言われているわね)そういうクローズドな世界での記録は記録なんですわね!
同様の考え方で世界一である王貞治選手の868本の世界記録が日本という縮尺がメジャーより小さい世界での世界一なのでアメリカでは認められない、という事を否定する物ですわね。

どちらにしても素晴らしい記録に違いが無いですわよね。
756本ホームランおめでとう!
ちなみに日本人でバリーボンズ選手にホームランを打たれたのは、長谷川・野茂・石井・吉井のみなさん。

taguchi2.jpgそう!おっしゃるとおりカージナルズの田口壮選手は松井、イチロー、松坂のような輝かしい栄光に包まれた人じゃないのよね。
でもカレは将来、メジャーではもっとも長く活躍し、
しかも日本人で初めてという快挙をなしとげるかもしれないわよ。

田口選手はあの名将ラルーサ監督ひきいるカージナルスを自ら選んで契約したのはみなさんもご存じでしょうね。

でもカレのすごいのは毎試合後、ラルーサ監督のドアをノックしては誰々のあの場面でどうしてあのサインを出したのか、この場面ではなぜ彼を代打に出したのか、こと細かく聞いていたそうですわ。
そのうちラルーサ監督はカレを試合中に自分の隣に座らせて、「良いか、ソウ(田口の愛称)。この場面ではコレコレこういう理由で今からこの選手と入れ替えるぞ。」とこま~かく戦略を伝授してたのよね。

そんなことが続うち、田口選手は伝令等監督の指示を伝える役目までやることになり、持ち前の人柄の良さも手伝って今ではほとんど監督の秘蔵っ子みたいになっちゃってるんだからすごいわよね。
田口選手が現役を引退し、もしもカレが望むならカージナルズは喜んでカレをコーチに迎え入れるんじゃない?
それって日本人初のメジャーコーチってこと?

数十年後はどこかのチームの監督をつとめていたりして!!
田口選手の動向を考えるとあながちあり得ない話じゃないもの。これは楽しみだわ。
iguchi2.jpgいきなり「君は今日から別のチームだ」と言われることなんて日本では考えられないわね。

井口資仁選手はホワイトソックスからフィリーズへ!
8月28日にはすでにフィリーズに合流して試合をしなくてはならないなんて、アメリカ的ビジネス感覚で野球をするというのもなんともすごい話だと思いますわ。
頭も心もなにもかも瞬時に入れ替えるというのはプロならできるのかしらね?

フィリーズの一員として最初の対戦相手は桑田投手の所属するパイレーツでしたわ。
とりあえず第二打席目でヒットが出たのでよかったけど井口選手と桑田投手との対戦はまあ討ち取られた感があるわね。

でもその次の7月30日の試合では井口選手はカブス戦に2番2塁で先発して初ホーマーを放ったので上々の滑り出しと言えるんじゃないかしらね?プレーオフをねらえるチームで一つ頑張って欲しいわね!
matsui4.jpg岩村選手の居るデビルレイズにこれでもかっていうくらいのパワーホームランをあびせて、もう何試合になるのかしらね、連続記録は。

本人はあまり意識していないようだけど、松井選手のメジャー5年目にしてやっとできた日本人チームメイトの井川投手を援護するかのように、井川投手が投げるのとシンクロして3試合連続ホームランなのよね。

今、まさにマイナー落ちの危機に瀕しているカレを救った形になっちゃってますわ。松井選手は井川投手が良い投球をして勝ち星につながることを祈ってるなんて言うんですもの。ちょっとじーんときちゃうわよね。
そんなわけで、松井選手は今月MVPをとっちゃうかもよ~~!

おお!今回の松井選手のイラストは似てね~わね~。急いで描くとこうなっちゃうのよね。すまん。
okajima2.jpgあいかわらずオカジーの球は攻略しにくいのかしら?今回も、どこ見て投げてんねん投法が大活躍でしたわね。

8-1から4点を追い上げられてツーアウトながら満塁のピンチの場面に登場した岡島秀樹投手、ぴしゃりと三振にうちとったのは本人もご満悦の様子。
その後も3者凡退にとってきちんと仕事をした感じですわね!

登場時には「オカジ・オカジ」コールがすごかったみたいですわね。(いつの間にかオーキードーキーじゃなくなってるわ~)もうアウト一つとるたびに本拠地フェンウェイパークが揺れるほどの大歓声とのこと!

防御率0.92とは恐れ入った数字ですわ。
さすがリーグ最強のセットアッパーね。
中継ぎの投手の成績を見るのはやっぱり防御率なのかしら?

試合後の岡島投手の感想
「しびれるところで投げさせてもらった。自分を信じて1球1球に気持ちを込めて投げた結果です。」やはり謙虚さは日本人の美徳なのかメジャーでもその点が評判に。
ichirou6.jpg米オールスター戦において連続出場記録を更新中の日本人選手と言えばイチロー選手をおいてほかに居ないわけで、このほどカレがやらかしたランニングホームランというのはカレ自身2度目とはいえ(本人は初めてなんですよね、とか言ってたけど実は2度目ですわ)オールスター戦では史上初という快挙なんですわね。

実況を聞いていると
インサイドパークホーマーってアナウンサーが言ってたけど、球場「パーク」の内側「インサイド」でのホームランということなのよね。野球の英語は難しいわ!

従来のアメリカンメジャーベースボールっていうのはガツンと打って飛ばす、豪快に速い球を投げるっていういかにも大味な野球こそがアメリカ人の野球の楽しみ方だったわけだけど、イチロー選手の野球は正反対で、確実に打って出塁するという職人技、足で塁を稼ぐ職人技、そんな機動力が中心ですわよね。

そしてそれらをアメリカ人に楽しいと思わせた
功績がすばらしいと思いますわ。

そうそう、今回はイチロー選手の足にその秘密があったようです。

まずベースランニング(ベースの周り方)が一般の選手と違って、塁ごとにほぼ直角に曲がるのよね。それと、塁をふむ足は普通は右足なんだけど直角に曲がるのに便利なように左足で回ってるのよね
努力してその走法を獲得した結果、述べ走塁距離の無駄を極端に省くことが出来たわけですわ。
あと特注でメーカーに作らせたシューズはなんと300gを下回る軽さ!値段は数百万円だそうね!

本人曰く「ランニングホームランは余裕を持ってホームインするのが醍醐味」なんて言うけど、見てる方はギリギリが好きよね!プロと一般の感覚の差かしらね!!
saitoutakashi.jpgチームは負けたものの個人的記録を伸ばしつつあるドジャースの斎藤隆投手!
地道にプレーした結果、6月を終えて後半戦に入る時点でセーブ記録22
これはすごい!すばらしい!花のない投手かと思いきや、日本人の場合、むしろ前評判のよろしくない選手が活躍するという法則があるのでまさにそれを地でいってるのかしら?

そんな一歩一歩の前進がみとめられてかオールスターにも選ばれるなんて、これはもう野球選手冥利につきるというものよね。

努力の結果というものがみのるならアタシも一つ!と奮い立たせてくれる斎藤投手のプレーには拍手を送りたいですわ!

matsuzaka10.jpg2007年7月3日、レッドソックスvsデビルレイズ 
順当に登板を続けていた松坂大輔投手がこのほど、
ついに10勝目をあげましたわ!

8回を投げ4安打2四死球9奪三振、無失点!ま~良いじゃないの!!

日本プロ野球出身の新人が10勝したのは野茂、石井に次いで3人目ですわ!

本人いわく
「スピードも出ないし、ボールの勢いもなかったけど、悪いなりに抑えられた」
どうもストレートの走りが悪かったみたいだから、意外とホントに調子悪かったのかもしれないわね。

相手がデビルレイズってことは岩村選手とももちろん対戦したわけで、岩村選手とはメジャーでの初対決ですわね。

一安打はセンターのフェンスに中ほどの良い当たりだったけど、残りは3つの三振。
岩村選手は変化球の多さにやられた感じですわ。チェンジアップにスライダー、カットボールと現代魔球のオンパレードだったもの。(やっぱりストレートが調子悪かったのかも)
  • ABOUT
こんにちは!ココナツです。旬なスポーツ関連記事をイラストでご紹介してます。5年くらいずっと休刊していて、2011年から絵柄もあらたに復活しました。 なるべく似せるように努力してますが、ぜんぜん似て無くても許してね。
  • カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 最新コメント
[11/23 kokuda]
[11/22 kokuda]
[06/12 kazugon]
[01/22 前田劇場]
[11/28 melody]
[11/28 melody]
[11/01 あん]
[10/05 〜夜]
[10/05 〜夜]
[10/05 〜夜]
  • 最新記事
(12/22)
(12/17)
(12/13)
(11/30)
(11/25)
(11/24)
(11/23)
(11/22)
(11/21)
(11/19)
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • カウンター
  • フリーエリア
  • 忍者アナライズ
  • フリーエリア
▼おすすめのはまりもの
スタンダードカタン
スタンダードカタン
  • 発売元: ハナヤマ
  • レーベル: ハナヤマ
  • スタジオ: ハナヤマ
  • メーカー: ハナヤマ
  • 価格: ¥ 3,780
  • 売上ランキング: 272
  • おすすめ度 5.0
  • プロフィール
HN:
ココナツ
年齢:
117
性別:
男性
誕生日:
1900/01/07
職業:
商品企画開発
趣味:
手品
自己紹介:
好ききらいを○×で表すとこんな感じです。


Copyright © にわか作りのスポーツ似顔絵新聞 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]