忍者ブログ
Admin*Write*Comment
にわか作りのスポーツ似顔絵新聞
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

beckham3.jpg「優勝することよりもさらに大きな夢は、この国のサッカーレベルを上げることだ。」
サッカー不毛の地、USAにてLAギャラクシーというチームへの入団会見にて
貴公子デビッド・ベッカム選手はアメリカ国民、

いや全世界に
夢と希望を与えるコメントを言ってくれましたわ!

「多くの人が、私がアメリカンサッカーをするということに疑問を抱いてきた。
しかし自分にとってサッカーをするという事が一番大きな問題なのだ。」
「アメリカはサッカーでもっと大きな国になる。
そのために自分が犠牲となってもサッカーの発展に貢献したい。」

デビッド・ベッカム選手の移籍でアメリカ人にサッカーというもののおもしろさを分って頂けたら嬉しいですわね。
PR
wakuihideaki.jpg2007年7月12日西武vsロッテ戦(5-3)

西武先発の涌井秀章投手は8回途中までを2失点で切り抜け両リーグトップの12勝を挙げましたわ!

日ハムのダルビッシュ投手から常にライバル視されている涌井投手だけど、
ハーラー半分終えて12勝ってことは、黄金の20勝も夢では無いかも!??


カレの低い弾道、高い終速が見たまま感じることができる速球は誰にも真似できないでしょうし、
攻略するのはかなり難しいのかもね!

いずれにしてもまだ20歳そこそこなのにカレの大人ぶりはどうよ?
もうエースの風格すら備えているわね!
ichirou6.jpg米オールスター戦において連続出場記録を更新中の日本人選手と言えばイチロー選手をおいてほかに居ないわけで、このほどカレがやらかしたランニングホームランというのはカレ自身2度目とはいえ(本人は初めてなんですよね、とか言ってたけど実は2度目ですわ)オールスター戦では史上初という快挙なんですわね。

実況を聞いていると
インサイドパークホーマーってアナウンサーが言ってたけど、球場「パーク」の内側「インサイド」でのホームランということなのよね。野球の英語は難しいわ!

従来のアメリカンメジャーベースボールっていうのはガツンと打って飛ばす、豪快に速い球を投げるっていういかにも大味な野球こそがアメリカ人の野球の楽しみ方だったわけだけど、イチロー選手の野球は正反対で、確実に打って出塁するという職人技、足で塁を稼ぐ職人技、そんな機動力が中心ですわよね。

そしてそれらをアメリカ人に楽しいと思わせた
功績がすばらしいと思いますわ。

そうそう、今回はイチロー選手の足にその秘密があったようです。

まずベースランニング(ベースの周り方)が一般の選手と違って、塁ごとにほぼ直角に曲がるのよね。それと、塁をふむ足は普通は右足なんだけど直角に曲がるのに便利なように左足で回ってるのよね
努力してその走法を獲得した結果、述べ走塁距離の無駄を極端に省くことが出来たわけですわ。
あと特注でメーカーに作らせたシューズはなんと300gを下回る軽さ!値段は数百万円だそうね!

本人曰く「ランニングホームランは余裕を持ってホームインするのが醍醐味」なんて言うけど、見てる方はギリギリが好きよね!プロと一般の感覚の差かしらね!!
takahara2.jpgサッカーのアジアカップはふと気がつくともう第3日!2007年7月9日にベトナムはハノイのミーディン競技場で行われ、1次リーグB組の日本は1-1でカタールと引き分け!なんと残念!

中村俊輔選手や高原直泰選手らが先発して一点を先制しましたわ。その後も優勢だったから期待していたんだけど、終盤のフリーキックで点を取られて追いつかれてしまいましたわ。追いつかれるっていうのがなんともふがいなし!

世界ランキング40位の日本に対し、カタールは85位なので格下相手に同点という燃焼率の悪さ!せっかくの高原選手の一点が守り切れず・・・か。

各組上位2位までが決勝トーナメントに進むわけだから次のベトナム戦ではなんとかしてよね!

オシム監督は思った通り辛口の感想で「勝ち点6が与えられても、おかしくない内容だった。事故、あるいは不注意の結果こうなった。」
実際のところ、辛口というよりも激怒に近く、通訳が訳せないほどだったらしいけど・・・。

Robbie_McEwen.jpg2007年7月9日ツールドフランスいよいよ本格的なしょっぱなのステージ!第1ステージはスタート地点であるロンドンからカンタベリーまでの203キロメートル!オーストラリアのロビー・マキュアン選手は4時間39分01秒をマークしてステージ優勝を飾りましたわ!

ツールドフランスはそれぞれのポイントで4つの色のジャージが送られるわけだけど、今日のマキュアン選手には緑色のジャージ(マイヨ・ヴェール)。これは通過順位トップの選手に送られる賞なのよね。

残り10キロを切ったときの大方の予想ではマキュアン選手は今年はどうもダメかということだったけど、どこからともなくいきなり現れてきてゴール直前までダッシュ!すごい選手ですわね!
Fabian_Cancellara.jpg2007ツール・ド・フランスいよいよ始りましたわ!この時期もっとも熱くてエキサイティングな戦いを見せてくれるのがこのツール・ド・フランスなんですわね!

なれないとルールがなんだかよく分らない競技なので、たんなる自転車レースかと思っちゃうわけなんだけど、これがまたけっこう奥深い競技なのよね。
なんと言ってもあのヨーロッパではかなり国土が広いフランスを自転車で一周しようというわけですから、しかも途中にはアルプスの峻険もあったりしてその過酷さは推して知るべしですわよね。

一周するだけのトップを競うというのは凄く大変だからその途中途中でポイントを設けて区間ごとに章をあげたりするわけですわ。ステージとか呼んでるけどこのステージ事の栄冠を取るのだってかな~り過酷と言えますわよね。

チームで走るこの競技はその中でもすごい人にご褒美として黄色いジャージ(マイヨジョーヌ)が送られますの。みんなこの黄色いジャージを奪い合う訳ですわ。

そんなわけで始った2007のレースはプロローグ(なぜかロンドンがスタート地点で最初の7.9キロメートル)個人タイムトライアルでチームCSCのファビアン・カンチェッラーラ選手が、8分50秒を記録してステージ優勝を飾りましたわ!これがどれくらいすごいか、実は初心者のアタシにもよくわかりませんの。
チャリンコで7.9キロって言ったら、まあそれほどの距離じゃないんだけどたぶん原チャリで買い物に行くよりは早い速度って言えるでしょうね!さてこれからが楽しみ楽しみ!(でも描くのはけっこう大変だわね!!)

darvish2.jpg首位争奪戦の日ハムvsロッテ戦!

日ハムのダルビッシュ有投手は打者28人を相手に10個の三振を奪い、
自己最少の1安打完封!今季7勝目をマーク!

2回にちょっとしたピンチ!ロッテのベニーに負傷退場を負わせるようなデッドボール!マウンドを降りて頭を下げる紳士ぶりにはなかなか好感度アップ!先頭打者にヒットを打たれていなければ完封という大記録だったんだけど、これには本人も「うわついててしまうので打たれてちょうど良かったかもしれない」とのこと。
「今日はナイターで明日はデーゲームなので早く終わらせようと思って投げました」とちょっと今風を披露してましたわ。

試合前、自らの要求でヒルマン監督から闘魂注入(ビンタ)を頂いたってことで、おっ、闘う男だね!と思いましたわ。

本日発売のファッション雑誌「GLAMOROUS(グラマラス)8月号」で、鍛え上げられたアスリートゴージャスな裸体を披露とのこと。ちょっと気になっちゃうわね!


saitoutakashi.jpgチームは負けたものの個人的記録を伸ばしつつあるドジャースの斎藤隆投手!
地道にプレーした結果、6月を終えて後半戦に入る時点でセーブ記録22
これはすごい!すばらしい!花のない投手かと思いきや、日本人の場合、むしろ前評判のよろしくない選手が活躍するという法則があるのでまさにそれを地でいってるのかしら?

そんな一歩一歩の前進がみとめられてかオールスターにも選ばれるなんて、これはもう野球選手冥利につきるというものよね。

努力の結果というものがみのるならアタシも一つ!と奮い立たせてくれる斎藤投手のプレーには拍手を送りたいですわ!

matsuzaka10.jpg2007年7月3日、レッドソックスvsデビルレイズ 
順当に登板を続けていた松坂大輔投手がこのほど、
ついに10勝目をあげましたわ!

8回を投げ4安打2四死球9奪三振、無失点!ま~良いじゃないの!!

日本プロ野球出身の新人が10勝したのは野茂、石井に次いで3人目ですわ!

本人いわく
「スピードも出ないし、ボールの勢いもなかったけど、悪いなりに抑えられた」
どうもストレートの走りが悪かったみたいだから、意外とホントに調子悪かったのかもしれないわね。

相手がデビルレイズってことは岩村選手とももちろん対戦したわけで、岩村選手とはメジャーでの初対決ですわね。

一安打はセンターのフェンスに中ほどの良い当たりだったけど、残りは3つの三振。
岩村選手は変化球の多さにやられた感じですわ。チェンジアップにスライダー、カットボールと現代魔球のオンパレードだったもの。(やっぱりストレートが調子悪かったのかも)
yoshii2.jpg知らない間に日米通算で7チームを渡り歩いている今年42歳になったパリーグを代表するピッチャー、吉井理人投手が、アメリカでもお世話になりっぱなしのバレンタイン監督率いるロッテ千葉マリンズに交換トレードでやってまいりましたわ。

ロッテでは同様にオッサンピッチャーである小宮山投手に激励のメールをうけたわけだけれど、
メールの件名が「ジジイからジジイへ」 
なんて端的な表現!

バレンタイン監督はけっこうカレを評価しているみたいね。特に駆け引きにはひとかどの実力者って言ってたわ。年を重ねることで得た技術をいかんなく発揮するには環境も大事だものね。理解者のいる場所でプレーができるってのはカレにとっても嬉しいことでしょうね。

吉井投手もバレンタイン監督には恩返ししなくてはね!残りの人生全部かけてやって頂戴!

  • ABOUT
こんにちは!ココナツです。旬なスポーツ関連記事をイラストでご紹介してます。5年くらいずっと休刊していて、2011年から絵柄もあらたに復活しました。 なるべく似せるように努力してますが、ぜんぜん似て無くても許してね。
  • カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 最新コメント
[11/23 kokuda]
[11/22 kokuda]
[06/12 kazugon]
[01/22 前田劇場]
[11/28 melody]
[11/28 melody]
[11/01 あん]
[10/05 〜夜]
[10/05 〜夜]
[10/05 〜夜]
  • 最新記事
(12/22)
(12/17)
(12/13)
(11/30)
(11/25)
(11/24)
(11/23)
(11/22)
(11/21)
(11/19)
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
  • カウンター
  • フリーエリア
  • 忍者アナライズ
  • フリーエリア
▼おすすめのはまりもの
スタンダードカタン
スタンダードカタン
  • 発売元: ハナヤマ
  • レーベル: ハナヤマ
  • スタジオ: ハナヤマ
  • メーカー: ハナヤマ
  • 価格: ¥ 3,780
  • 売上ランキング: 272
  • おすすめ度 5.0
  • プロフィール
HN:
ココナツ
年齢:
117
性別:
男性
誕生日:
1900/01/07
職業:
商品企画開発
趣味:
手品
自己紹介:
好ききらいを○×で表すとこんな感じです。


Copyright © にわか作りのスポーツ似顔絵新聞 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]